文字っ書きの書き置き

人間の中身を吐露しようというものです

ヒストリー

自叙伝書けるくらい大きくなりたいですね・・・(唐突)


歴史とは、まあ簡単に言えば履歴みたいなもんだと思うのが普通でしょう。ア○ゾンの注文履歴とかゆう○ょの通帳みたいに、事実が書き連ねてあります(どんな悲しい恥ずかしい履歴も明らかにそこにあります)。

ところで、そこに書いてあることはどうして「事実」なのでしょう。
例えば銀行口座から1万円が引き落とされていたとき、それはどうして「正しい引き落としだ」と考えられるのでしょう。

幾つか考えてみました。

 

  • 記録(通帳や家計簿、徴収書など)や記憶から整合性がある。
  • 銀行を信頼し、銀行に間違いがないことを信じている。
  • そもそも疑う選択肢がない(鵜呑み)。
  • 暴力団に脅されている。

まだありそうでしたらご教示ください(結構です)。


ここが某エラス王国とかでしたらともかくここは日本国ですから、まあ記憶にない出費が書き込まれているからといって銀行システムを真っ先に疑う人はまず変態でしょう。

 

酔っ払って記憶のないショッピングの無慈悲な請求にさらされたっていうのが関の山です、諦めてください。もちろん散々調べた上で銀行のミスしかあり得ないなら別ですが・・・。

直近のことならいざしらず、3年前の通帳に記帳された些細な入出金のことなど誰が普通覚えていますか。覚えてる方は明確にキチガイかそれとも宝くじでも当てたんですか?

 

こう自分の記憶や記録があてにならなくなると、その記録の妥当性は通帳を発行し記帳を受け付けた銀行への信頼が担保してくれるしかありません。たぶんそれで十分です。

 

 

この話を歴史に差し替えてみましょう。

たとえば、近所の本屋でとある歴史系評論家の著書を買ってきて読むと、

 

「9.11は米国政府の自作自演!」

 

と主張されていたとします。これが正しいと信ずるためには

 

  • 記録(議事録とか飛行機の搭乗員名簿とか)や記憶から整合性がある。
  • 著者を信頼し、著者に間違いがないことを信じている。
  • そもそも疑う選択肢がない(鵜呑み)。
  • 陰謀論者である。

こんなとこでしょうかね・・・?

 

近現代の書物ならある程度資料がたくさん確保できるでしょうから、資料全体がある方向に揃って事実と乖離していない限り、事実を「事実」として認めることができます。

しかし資料が少なかったり、多くても元をたどると極めて少数の一次資料に収束してしまう、というような状況では「事実」は事実ではないかもしれません。

 

 

続きはまた、こんど。

 

北朝鮮のゆめ

朝起きてみたら自分は金委員長だった・・・。


そんな事態はぜひとも願い下げたいですが、もしそうなった時のためにいくつか考えておきましょう!(1300字程度です。4~5分で読めるかと思います。)

 

まず状況を整理しましょう。

  • 自分は最高権力者であり、その地位にある限り、その国の出来る限りのことが自分には実現できる。
  • 我が国を滅ぼしたい国が近くにいくつかある。遠くにもあるしそいつは強い。
  • 滅ぼされたら多分自分の命はない。
  • 大筋で味方の国も近くにいくつかある。そいつらも強い。遠くにもある。
  • 南の国は民族が同じでとても発展しているので手に入れるとおいしい。砲兵がたくさんいるので南の国の首都をいつでも焼き払える。
  • 核兵器化学兵器(多分)とそれを運ぶミサイル(スカッドから4000km級弾道弾)を多数用意している。潜水艦でこっそり近づいて撃てるの(SLBM)もあるから4000kmより遠くの国も撃てるかもしれない。
  • 自国軍はほぼ旧式で役立たずだけど数だけはある。

 

生き延びていまの絢爛な生活を外国から守るには、国を軍事的・経済的に強くしなければなりません。このとき、

  • 軍隊を整備しても常勝できるとは限らず、核兵器には抵抗できない。
  • 南を併合すれば経済的に大きな効果が期待できる。
  • 核兵器を持てば南の軍隊と戦わずに勝利できるうえ、大国に屈さなくてよい。

とあれば、韓国を併合でき、大国を退けられる核兵器の保持はまさに一石二鳥なのです。

 

はて、いますでに北朝鮮核兵器を持っているじゃないか?どうして今すぐ併合しないのだ?

という疑問はごもっともです。これにはいくつか反論が考えられます。たとえば

  1. はなから同族に核を向けるつもりはない
  2. 肝心のアメリカに届かない。
  3. ちゃんと使えるか確信がない。
  4. 数があんまりない。

1ですが、北朝鮮が韓国を将来的に自国に組み込むのであれば、それをわざわざ貴重な核で破壊する必要はないでしょう。もとより100万の北朝鮮軍がソウルを人質に取っているのですし、使うなら化学兵器のほうが向いてます。では誰に向かって撃つものなのか・・・?

 

2は大きな問題です。韓国の後ろ盾である米国を核恫喝できないと韓国へ侵攻しても米軍の反撃を受ける可能性が捨て切れません。ただし、核兵器は日本へ向けた武器だとする意見もあります。すでに東京は射程圏内に入りましたから、1000万都民(近隣県も含めればもっとずっと多数)を人質に取ることで実質的に米国の介入を阻止できるかもしれません。

3はミサイルや核弾頭が技術的に安定してるかどうかということですが、正直わかりませんね(適当)。まあでも最近は比較的うまく行ってるように見えます。

4はとくに核弾頭について、生産数は大したことないと予想されています。保有核弾頭数が少なければ無闇矢鱈には使えないのでもうちょっと増えるのを待つってこともあるでしょう。ミサイルはかなり安定した数があるとかないとか。むしろトラックがないらしいです。



いま北の核・ミサイル開発がどこまで進んでいるのかわかりませんが、少なくとも進んでいるのは確実でしょう。


私はいち都民ですが、これから北が日本を核恫喝するとなったらどうすべきなのか、そんな日がこないことを祈るばかりです。

朝鮮半島とミサイル

三寒四温というにはもう遅いのにこの頃の東京は気温が急変しすぎです。なんだか夏バテになりそう。

 

もう虫食いの虫が蔓延る季節ですから、春冬物の始末は丁寧に。

ところで私の部屋にはこの時期ヒメマルカツオブシムシ(虫食いの虫)が毎日0~2匹沸く「カツオブシムシスポーンスポット」があるんですが誰かこの謎解いてくれませんか?


(この記事は1900文字です。8分くらいですかね。)

 

朝鮮は14日朝、新型ICBM(推定)を発射、日本海に落としました。かなり長射程と見られ、弾道から4000km級弾道弾ではとの推測がなされています。

 

(参照)

北朝鮮ミサイル 高度推定2000キロ超で新型か 防衛相 | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170514/k10010980931000.html

 

映像も出てきましたね。この間のパレードで出てきた新型ICBMです。

北朝鮮 ミサイル発射の映像を放送 | NHKニュース   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170515/k10010982161000.html

 

固体燃料方式のコールドローンチICBMと推定され、これは自衛隊も米軍も肝を冷やしたことでしょう。これで実質日本の空はガラ空きです。飛んできたら止めるすべはナシ、です。

 

 

 

日本で北朝鮮をどう思うかと訊けば、おそらく好意的意見はほぼないでしょう。世界とてほぼ同じだろうと思います。

 

ではなぜ北朝鮮はこのように世界の嫌われ者を「意図的に」続けているのか?そこには北朝鮮なりの理由があるはずです。

 

 

 

 

朝鮮半島には現在朝鮮民族と呼ばれる人々が住んでいます。民族としては高麗、李氏朝鮮からの文化的ルーツを持ちます。

他の東アジア諸国と同様、中国中心の冊封体制下に長くあった国で、特筆すべきは儒教がとくに根付いた国だということくらいですかね。もちろん半島とはいえ大陸の一部でしたので、日本と比べて大陸の影響(とくに中国)が強かった国です。


近現代史においてはご存知?のとおり朝鮮(李氏朝鮮大韓帝国)は、大日本帝国により1910年併合され統治下に入ります。その後2次大戦に負けた日本に代わり北から(ロシアに代わって)ソ連軍が進駐し、南からきた米軍と北緯38度線を境に分割占領しました。

 

大戦後のアメリカ合衆国(資本主義)・ソビエト連邦(社会主義)の冷戦が激化するなか、朝鮮の南北はそれぞれ米軍・ソ連軍による軍政のもと資本主義化・社会主義化がなされ、1948年にはそれぞれ別々の独立によって二超大国の対立が小さな2つの国へ生き写しとなり、南北朝鮮は激しい競争を始めました。(※「冷戦」とは、ともに核兵器を持った米ソが、その使用を避けるため直接戦うことなく争ったことを「冷たい戦争」と表現したことからきています。ref.「代理戦争」)


金日成(キム・イルソン)率いる朝鮮人民共和国と、李承晩(イ・スンマン)率いる大韓民国はそれぞれ半島の統一を目指し、1950年に朝鮮戦争が勃発します。

 

同一民族の争いは朝鮮半島全体に及び、北から南まであらゆる土地を焼き払ったうえ決着はつかず、1953年に休戦条約が結ばれてから現在までいまだ講和すらなされていません。実際、休戦からも南北両軍はたびたび戦火を交えており、2010年の延坪島砲撃戦が記憶にある方も多いでしょう。(※延坪島砲戦:北朝鮮軍砲兵により境界線付近にある韓国の島、延坪島[えんぺいとう、ヨンピョンド]が砲撃され、在島韓国軍の自走砲と砲撃戦になった事件。)

 

 

そのような訳で溝の深い両者ですが、やはり気になるのは北朝鮮。なぜミサイルや核で恫喝するようなスタイルなのでしょう?

 


1945年から1989年まで米ソによって東西に分割されたドイツは再統一後の東西格差が激しく、東が西の足をだいぶ引っ張ったようです。東独の車は紙製(FRP)だったりしましたし。
一般に社会主義国家は資本主義国家に比べ経済成長スピードに劣ります。経済力が劣れば、要するにお金がないってことですから、軍隊に割けるお金も少なくなります。

 

現在の北朝鮮軍(朝鮮人民軍)は「動く軍事博物館」と言われるほど装備が旧式とされています。ほとんどが朝鮮戦争中~直後の装備で構成され、耐用年数をとっくにオーバーしたオンボロがいまだに現役多数と推測されています。

 

「ま、お金がないんだし当然でしょ。」

 

というのは確かにそうなんですけど。


実は朝鮮人民軍は端から通常戦をする気などないのです。ですから普通の軍隊はいりません。(※通常戦とは銃撃や砲撃、爆撃など陸海空軍が通常行う戦闘のことです。)

 

 

 

朝鮮人民軍の切り札、というより通常兵器はミサイルなんですね。

もうこんな時間なので今回はここまで。

ユダヤと中東とイスラム

(1750字です。7分くらいで読めるんじゃないですかね。かなりまとめたつもりですが・・・。)


中東の前史ですが近世・近代まではやる気ないので気になる人はwikipediaでも引いてください。10行くらいで簡潔に載ってました(丸投げ)。

中東 - Wikipedia

 

簡単にいうと幾つか安定した時期を経験しながらも支配者・支配民族・支配国は変遷してきました。ヒッタイト・エジプト王国・イスラム帝国・十字軍国家とか・・・。

 


て、19世紀まで中東の支配者はトルコとイランでした。16世紀ごろには猛威をふるい、あちこちを侵略した中東国家でしたが、20世紀初頭には二国とも弱体化し、代わって台頭したヨーロッパ諸国にされるがまま、「死にかけ」呼ばわりされるほどでした。

第一次世界大戦、中東の地で再起を賭したトルコは中央同盟国として協商国(イギリス)と戦い、敗れました。大戦の講和条約により、中東は中東の人間の支配から離れ、フランスとイギリスに分割統治されることになりました。

 

この時の、現地民族の分布を無視した英仏による国境の線引きが今も残り、複数国家にまたがる少数民族を産んでしまいました。ある日、家の大家が代わって

 

「今日から君たち家族は別々の家に住んでもらう。行き来には許可がいる。」

 

と言われたようなもんでしょうか。

 

中東にはクルド民族が複数国家に2500万人以上もまたがって住み、独自国家を持たない世界最大の民族であるそうです。自治権の獲得のためいまも各国政府や他の武力集団と軍事衝突し続けています(パレスチナクルド人自治区が頻繁に政府軍の爆撃を受けてることで有名ですね・・・)。

 

 

 

 

ルサレム(イェルサレム)をご存知ですか。パレスチナにある一都市です。現在はイスラエルにより完全に支配されていますが、イスラエル独立当初はユダヤ側(イスラエル)を西、イスラム側(ヨルダン)を東で分割してありました。この街はユダヤ教キリスト教イスラム教の聖地であり、それぞれの聖跡がエルサレム市東部にあります。

 

 

大戦でトルコと戦っていたイギリスは戦況をより有利にするため、のちに「三枚舌外交」と呼ばれる(ちょっとセコい)協定を結びます。

 

  • 中東でトルコに支配されていたアラブ系住民には「戦後の独立を支持する」
  • 中東エルサレムにある聖地を奪還したいユダヤ人には「聖地奪還を助ける」
  • 仲間の協商国とは「中東の領土を仲間で分割しよう」

 

と約束したわけです。

事実この通り領土の分割を受けた協商国フランスはいいですが、現地のアラブ人とユダヤ人への約束は中途半端にされたり、期待未満であったためそれぞれの反感を買いました。

 

それから20年ののち、ドイツでNSDAP(いわゆるナチス)が台頭するとかねがねヨーロッパでは嫌われ者扱いだったユダヤ人がいよいよ根絶(ホロコースト)されそうになります。

 

結局、ドイツの第二次大戦敗北で絶滅することはなかったのですが、この事件はユダヤ人をおおいにビビらせ、「ユダヤ人はみな聖地(エルサレム)に帰り、そこに住むべきだ」という聖地回帰志向(シオニズム)に拍車をかけました。

 

しかしいまだ約束通り独立させてくれないイギリスにしびれを切らしたユダヤ教徒は武装蜂起し、自分たちの政府をパレスチナに立ち上げます。突如聖地を異教徒の国に奪われ、怒ったイスラム教徒たちは武器を取ります(第一次中東戦争)。

 

イスラエルはこの戦争に圧倒的に不利ながら巧みに勝ち、パレスチナに自分の国を確立するとともにエルサレムの西半分を手に入れました。

 

 

 中東戦争はさらにそのあと3回発生し、すべてに勝利したイスラエルエルサレムを完全に占領、そこを首都としました。

 

 

 

 

東はいまも、聖地をめぐるユダヤイスラムの争い、各地の少数民族・少数宗派の分断と迫害、西欧諸国の介入に対する反発など多くの要因から不安定であり続けています。長らく放置された諸問題はさらに絡み合い、より解決を困難にしています。


ISILは、旧来の国境を取り払い、イスラム法に則ったイスラム国を中東に建設すると公約していますが、これは中東が抱える諸問題を解決する、実はイスラム教徒にとって根幹的な打開策を提示している可能性があるのです。

もちろんその手法は残虐で強引ですが、第一次世界大戦から1世紀を数える今、武力以外がそれを解決するのは無理なのかもしれません。(了)

中東問題に迫る!のは難しいから・・・

(この記事はおよそ1500字です。想定所要時間は4分です。)

おはこんばんちは。これ古いですかね。

あの私、ターバンとかシュマグとか好きでして、なんというか頭部に何かつけてたいんですけど(おでこひろいからね)どっちかというと帽子より布とかタオルの方がこう・・・しっくりくるというか・・・好きでして。

ホテルのバスタオル好きって言ったらわかります?あれ頭に巻いときたい。というか巻くことがある。


さて、中東といえば何が思いつきますか?

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 


砂漠、モスク、油田、石油王アブダビイェルサレム、中東にはエジプトも入るのでミイラなんて答えもありでしょう。

石油王とアブダビの太字は皆さんのアブダビの石油王になりたいという邪な野望を代弁したものです。真面目にはたらけ。



 

 

中学校の歴史の教科書に「四大文明」なんて記述があったのを覚えておいででしょうか。


ええと、

です。


かわいそうなことに新大陸の文明(アステカとかインカとか・・・)は仲間はずれです。かわいそうに。

 

 


て、あなたが一家や仲間と平野に放り出されたとします。一家も仲間もない人は知らないおじさんでも、折角ですからかあいいおにゃのこでもいいです。


かあいいおにゃのこと誰もいない荒野にふたりぼっち・・・。

 

 

 

することは、決まってますよね?

 

 

 

・・・

 

 

 

 

正解!食料集めです!

明日を生き抜くには食べ物と飲み水が必要ですね。賢明なる読者の皆様には自明が過ぎました。・・・?

初めは狩猟採集で生きていけるでしょうが、狩猟は動物に反撃される危険が伴います。動物だってやすやす食べ物になってはくれません。

 

植物には果実の生る特定の時期があります。そのため採集は通年でいつでも採れるとは限らないうえ、果実はたいてい種を含みますから採り過ぎるとあとが途絶えてなくなってしまう可能性があります。草本植物[そうほんしょくぶつ](冬に根本から枯れる植物)ならなおさらです(※葉っぱだけ枯れて木が生き残るものを木本植物[もくほん―]といいます)。

 


そうすると人間は怠惰ですから、できうる限り近場で安定的にエサを得たいですよね。

だから牧畜と農耕、そして備蓄をしましょう。牛(ベコ)飼って畑を耕し、倉庫を作るのです。


一族のぶんに加えて家畜のぶんの食料と水、これを確保するのは容易ではありません。ましてや数千人規模ともなれば

  • 田畑や人動物を潤す大きな水源(たいてい大河)
  • 水によって耕作に向いた広大な土地(大きな平野)
  • 植物がよく育つ気候(ほどよいあったかさ)

が必要になってきます。もっとざっくばらんに?書くと

 

  • 水めっちゃ使うから水めっちゃあるところがいい
  • 坂に家とか畑つくんのめんどいから平らなとこがたくさんほしい
  • 植物だって寒けりゃ震えて死ぬ

 


そしてそんな都合のいい土地が世界に数カ所しかなかった、そのひとつが中東、メソポタミア文明なわけです。文明の発展にこれらは不可欠です。

つよいことにメソポタミア文明にはチグリス・ユーフラテスの大河2本と、その大河によって栄養が蓄えられた広大な土地があったのでたくさんの人間の住む余地があったわけです。人がたくさんいれば大きな文明に発展しますから、7000年前に車輪を作ったのが彼らだというのも頷けます。

 

んなわけで中東は古くから大文明を以って発展してきた地域でした。もちろんその肥沃さ、裕福さを羨んで外から多くの人が集まり、ときに攻撃され、たくさんの文化が入り混じり、より発展しました。
(※エジプトも中東に入れるんですがとりあえず置いておきます。)

 

まだ現代には到底辿り着きそうもないのでこのへんで一旦休憩・・・。

小難しい指針 ~もっと簡単に書くために~

 ここでは歴史文化政治地理の話がメインとなりかねないので至極つまらないです。でもそんな方々にもわかっていただきたくて、興味を持っていただきたくて書く部分が多少なりとあるため、いくつかそういう記事への指針を置いておきます。

  • 難しく書かない。ことばを平易に簡単に。
  • すらすら読めるようにする。
  • ひとめで「めんどくさ」って思わせない。たのしい内容にする。
  • 世界の見方を提示する。


全然遵守できる気がしません。けど書いとくのはタダなので。守るとは言ってないし。

世界の文化とか歴史に興味を持っていただければ、きっと今の世界の見方が変わるだろうなって、まあ私がそうなのでそうであってほしくて書くことにします。

なので厳密さは問うてません。

「ちょ、ちょっと~それ君そういうこと言うけどさ~ァ?厳密にはこうでしょ?ヱェ?あと私は辛党だ」みたいな口内自傷主義者のコメントは投稿者もろとも抹消する可能性があります。

厳密さが危うい箇所には注釈を入れておく予定です。


お暇なときにふらっと読んで新しいものに出会える場、というのがブログの一面なんだと思います。どうぞご贔屓に(私は辛いものも好きです)。

乗り換え

忘れるんですよね、こうやって書き物しながら通勤通学の定期路線に乗って、それで定期の終着点まで行かずに中途乗り換えのあるとき。あるあるじゃないですか?私は3回に1回くらいの割で成功します。気をつけてるんですけどね。

 

 

さてフランス大統領選挙決選、極右ルペンちゃん対中道マクロンくんはマクロンくんの大差勝利ということで、ひとまずEUは胸を撫で下ろした形ですね。ところでマクロンは29のときに24歳年上の先生と結婚したらしいんですけど、それもう年の差婚っていうかお母さんですよね?どうみてもお母さんです。ありがとうございました。おば専・・・。

 

投票率は第1回投票とさして変わらず7割半といったところで、マクロンの得票率は2/3ほど。総じて全有権者の半数が支持したことになる。あくまで数値上の単純判断ですけど、半数が支持してないということで。

 

昨今欧米で大人気の急進論、具体的には敵性外国人()の入国禁止連打とか、速攻トマホーク爆撃とか、EU離脱とか、派手に暴れております。変革の時代は近いのでしょうか、乗り換えですね、って訳なんですが・・・ええ・・・。そうそう、私も前のブログがAm○baで乗り換え・・・あ、もうおあとがよろしい・・・。

ちなみに「お後がよろしいようで」というのは落語の言葉で、わかりやすく言うとしたら「次の人の準備ができてるみたいなので(私はここでやめます)」というくらいの意味ですがごめんなさい。次の人も私です。ゆるして。

たぶんほとんど政治な話ばっかりすることになると思うのですけど、出来る限りわかりやすく、あと推測を排して書いていこうかなあと思ってます。私の世界を広げたいだけといっちゃそうなんですけど・・・。どうせ物好きしか読まないだろう?な?

写真も上げられたら上げますけど、はてなは容量制限カッツいんで(腕と)質は期待しないでください。

中身めちゃくちゃですが以降もこんなかんじだと思います。駅ついたのであとはどうぞよろしく。