文字っ書きの書き置き

人間の中身を吐露しようというものです

主観可換性

前回の記事、なるだけ平易に、平易に、、、と思ってガリガリ削ったら中身まで洗い流してしまったような形に仕上がったので今回は玄米のふすまを書いていこうかなと。

 

題名の「主観可換性」とは、この記事を書くにあたってまとめた言葉があればいいなと作ったものです。

 

「主観」とは人間の意識、主観性、まさに自らの手足が自らの手足であり、動かそうと思わなくても動くような主観、、、と客観的に観測したことがないのでなんとも説明しにくいですが、みなさんがお持ちだろう主観です(なげやり)。

 

「可換」はいたってそのまま(釈迦に説法でしょうが)「交換可能」という意味です。

 

 

 要するに、先ほど定義(?)した「主観」を交換することが可能だということです。

記憶や身体をそのままに「主観」のみを入れ替えても、第三者から見たその人物は以前と変わりなく、また入れ替わった身体に入った「主観」は『以前からずっとその体の本人であった』と自覚するだろう、という仮説です。

 

記憶が入れ替わらないと「入れ替わってる^~!?」は成立しないということですね。あれはそもそも記憶だけが途切れて入れ替わったのかもしれません・・・。

 

 

それで、なんですが・・・。

 

この観点に立つと、なんびとのいかなる思想・信条、行動、発言・・・をすべて当然のものと(一応は)納得することができます(理解への糸口になるだろうと期待しています)。

 


人は産まれたときから暫くは本能に従って行動します。まず両親を中心として家族の影響のもと小規模な社会を学び、そこから判断力を涵養し自我を持ち、そこからようやく自らでもって判断をしていくようになります。

 

しかしそもそもこの自我こそ、自分で育てることができません。

自我を自ら選択して養えるようになるまでに、それを判断する自我がすでに社会によって決定されているのです。 


我々は我々の方針を自ら決定しているように思われますが、それら方針は自らの経験や性格、周辺状況につねに影響を受けていますし、それらはまた過去の経験、性格、状況に左右されており・・・。遺伝的要素はここではひとまず置いておきますが、突き詰めていくと自らの人格というものはすべて周囲によって形成されたものだといえます。

 

自らのフーリエ級数を解き明かしてみたら身体を除けば社会的要因しかなかった、というところでしょうか(あるいは身体すらも・・・)。

 

 

 よって、仮に自分にとって嫌悪感を催す人物であっても、生まれ出でたときから「主観」を交換していれば同じようにかつての自分に嫌悪感をもたらしているはずなのです。

 

 人間が「生まれる先」を選択できない以上、須らくすべての人間のありさま・なりゆきは当然のことであり、当人の努力が左右するものではありません。

 

 

 

 

 このような訳で私は「人間に罪はない」というように思っております。

 

嫌悪感は生物的にどうしても感じてしまいますが、理性的には納得できますし交流のある立場なら和解の糸口として活用しています。

 

 

 暫く考えてもうまくまとまらない(もしかして:眠くなってきた)のでこの辺にしておきますが、みなさんの一助になればという思いでいっぱいです・・・。

人間観

どうもです。

いつかやりたかったはずの観念吐露シリーズです。ようやくはじまります。


まずは人間についてお話しようと思います。
歴史にしろ政治にしろ我々の生活にしろ、人間がなければお話になりませんね。

まあ、人間いなくてもいいかなとは思うんですけど・・・、それはあとにして。

 

 

 

 


ぼくは人間を性悪的でもあるし、性善的でもあると思っています。

ー解説
性悪説」というのは荀子(じゅんし:紀元前3世紀ごろ、戦国時代中国の人)の思想で、人間は生まれながらにして心の弱き人であり、その弱さゆえに悪事に手を染めうる、それゆえ教育が必要なのだ、というような思想です。
また「性善説」もこれに似て古代中国の孟子(もうし:紀元前4世紀ごろ、戦国時代中国の人)の思想で、人間は生まれながらの善人であるという説です。

 

さきほど「人間を」と言いましたが、これは人間に限らず多くの生物に適応できるのではないか、とすら思っています。


二律背反なふたつの思想をどうして両立するのか、という部分をまず疑問に思われているかと思います。そのためにはまず「善」と「悪」から始めなければなりません。


 

では「悪」とは何を以って「悪」たるのでしょう。

 

 


僕は、「『悪』とは実は相対的なものであり、『絶対悪』は存在しない」と考えています。

 

喧嘩している二人の間ではお互いがお互いに「悪」であり、それは第三者からみた「悪」とはまた別のものです(もっといえば他の第三者もまた違う「悪」を見ているかもしれません)。

「悪」の対義たる「善」や「正義」も同様に相対的であり、「『絶対的正義』というものは幻想である」と僕は考えています(しかし利用価値は大きく、有用な言葉でしょう)。

 

「有難迷惑」というまさにいま適材といえる言葉がありますが、これも「善」の定義が人によって異なったことによります。Aくんにとって肩もみが善行であったとしても、されるBくんにとってショルダークラッシャー*1で翌日肩が回らなくなったら悪以外のなにものでもありません。

 

 

このため「善」や「悪」を語るには基準となる視点が明確でないといけません。「誰にとっての」を曖昧にしたまま善悪を語ることは盲目的であり、ときに非常に危険です。

 

ここで、仮に視点は「社会」や「国家」、「部族」などにおくことにします。ひらたくいえば社会的な共同体を軸に据えて考えます(なぜならば概して法や慣習は共同体の安寧のために守られるからです が、これについては宝くじ1等があたったら書くんじゃないでしょうか)。

 

 

 人は産まれると通常、親を軸に様々な人間関係を構築しながら成長します。この過程で社会にすでに形成された「善」を見て学び、社会的に見て「善」なる人間を形成します。

 

これは現在のような高度経済や産業主義に至る以前から、つまりたとえ石器時代の家族であっても普通、子供たちは目をあけるやいなや家族や友人たちから立ち居ぶるまいを学び、部族の一員としてあるべき姿、すなわち「わが部族における『善』とは何か」を学習しただろう、という結論に至ってよいように思います。

 

ただしすべての人が順調にそれら「善」を順調に獲得するわけではなく、保護者の不在や物理的・精神的虐待、または社会では所謂いじめのような被虐によって、程度の差はあれ社会的「善」を学ばずに「悪」となって社会にあらわれてしまう人も出てきます。

 

余談ではありますがこういった過程には保護者の経済的・精神的切迫が背景にある場合が多く、少なくとも社会が安定していれば(≃経済が安定していれば)社会に適した「善」を学べる確率は高くなります。

 

したがって人間は社会を組む前提において、社会が「善」を定め、社会が「善」を育てる、また人間もその「善」を吸収して育つために人間は性善的であり、しかし一方で社会がうまく機能していないと「善」を育てきれず「悪」を生んでしまうその点において、人間単体の素性は社会的に見て「悪」なのだろうと考えています。

 

注意せねばならないのはそもそもその「社会的に見た『善』」は絶対的正義ではないということです。時代が変われば、地域が変われば、支配者が変われば、正しいことも変わります。これを忘れてはなりません。

 

 

ところで現代社会の「善」とは何でしょう。おそらく「社会性」とか「協調性」といったものが該当するのではないでしょうか。そういったものを一般に欠く「ガイジ」やら「糖質*2」が毛嫌いされる観点としてあり得ませんか。このあたりをつつきだすと長くなるのでまた別の機会にしますが・・・。根深い問題です。

 

 

長くなりましたがさっとまとめると、

 

  • 人間は社会により「善」と「悪」を定め、また定められる。
  • 人間自体の素性は社会にとって基本不適格*3であり、社会が教育によって社会の求める「善」なる人を生産することで社会を安定持続させる。
  • 善悪は相対的概念であり、絶対的にとらえるのは危険。

 

といったところでしょうか。まだすこし熱中症の影がうろついてるので何とも言えませんが・・・。

 

 

最後に、これらはぼく個人の観念です。「僕から見て」、「今のところ」、「正しい」にすぎません。こんなの虚無でしょ。ご意見あらば是非を問わず拝聴したいと思います。お待ちしております。

 

 

あちいですね・・・。

*1:揉みすぎは揉み返しという筋肉痛を誘発します。気を付けよう!

*2:統合失調症患者のこと

*3:たぶんですけど、社会が高度すぎるのかもしれません

お久しぶりです。本物です。

皆様お久しぶりです。ご無沙汰しております。

記事こそ書いておりましたが事の合間合間に時事について突っ込んでいたらただの備忘録と化したうえ投稿する時期を毎度逸してしまったためこんな有様です。


ーーーー以下釈明ーーーー

さて、新居に引っ越しはや4ヵ月が経とうとしております。

このたび東京を離れ、ちょいと地方の「まさに公団団地という感じ」の団地に住んでおります。

転居してすぐ買うもののリストの中に「乾湿温度計」があったのですけれど、いろいろ買いそろえているうちに忘れてしまいました。これがいけなかった。

 

室温や湿度の上昇を適切に把握できず、「これもしかしてクーラーなくても夏乗り越えられるんではないか?」と錯覚、いまのいままで放置し熱中症になってしまいました。

 

現在休養中でエアコンの設置を検討していますが、繁忙期ゆえどこも即座にとはいかず、アイスノンやら保冷剤やらで凌ぎながら日程調整を待っている状況です。あちい。


ーーー言い訳おわりーーー

 

さて、暇なので(「横になる気がおきないから」というのが正しいけども)いまのうちに自分の人間観や世界観等々についてここに書き記していこうと思います。
皆さんにみていただいて批評していただきたい、また文字にまとめて自分の中でも整理をつけようと思った次第です。

このページは、まあその紹介というか有言実行の前段のようなものなのでここまでにしておきます。

果たして書ききることが出来るのか、ほどほどにご期待ください。

ヒストリー

自叙伝書けるくらい大きくなりたいですね・・・(唐突)


歴史とは、まあ簡単に言えば履歴みたいなもんだと思うのが普通でしょう。ア○ゾンの注文履歴とかゆう○ょの通帳みたいに、事実が書き連ねてあります(どんな悲しい恥ずかしい履歴も明らかにそこにあります)。

ところで、そこに書いてあることはどうして「事実」なのでしょう。
例えば銀行口座から1万円が引き落とされていたとき、それはどうして「正しい引き落としだ」と考えられるのでしょう。

幾つか考えてみました。

 

  • 記録(通帳や家計簿、徴収書など)や記憶から整合性がある。
  • 銀行を信頼し、銀行に間違いがないことを信じている。
  • そもそも疑う選択肢がない(鵜呑み)。
  • 暴力団に脅されている。

まだありそうでしたらご教示ください(結構です)。


ここが某エラス王国とかでしたらともかくここは日本国ですから、まあ記憶にない出費が書き込まれているからといって銀行システムを真っ先に疑う人はまず変態でしょう。

 

酔っ払って記憶のないショッピングの無慈悲な請求にさらされたっていうのが関の山です、諦めてください。もちろん散々調べた上で銀行のミスしかあり得ないなら別ですが・・・。

直近のことならいざしらず、3年前の通帳に記帳された些細な入出金のことなど誰が普通覚えていますか。覚えてる方は明確にキチガイかそれとも宝くじでも当てたんですか?

 

こう自分の記憶や記録があてにならなくなると、その記録の妥当性は通帳を発行し記帳を受け付けた銀行への信頼が担保してくれるしかありません。たぶんそれで十分です。

 

 

この話を歴史に差し替えてみましょう。

たとえば、近所の本屋でとある歴史系評論家の著書を買ってきて読むと、

 

「9.11は米国政府の自作自演!」

 

と主張されていたとします。これが正しいと信ずるためには

 

  • 記録(議事録とか飛行機の搭乗員名簿とか)や記憶から整合性がある。
  • 著者を信頼し、著者に間違いがないことを信じている。
  • そもそも疑う選択肢がない(鵜呑み)。
  • 陰謀論者である。

こんなとこでしょうかね・・・?

 

近現代の書物ならある程度資料がたくさん確保できるでしょうから、資料全体がある方向に揃って事実と乖離していない限り、事実を「事実」として認めることができます。

しかし資料が少なかったり、多くても元をたどると極めて少数の一次資料に収束してしまう、というような状況では「事実」は事実ではないかもしれません。

 

 

続きはまた、こんど。

 

北朝鮮のゆめ

朝起きてみたら自分は金委員長だった・・・。


そんな事態はぜひとも願い下げたいですが、もしそうなった時のためにいくつか考えておきましょう!(1300字程度です。4~5分で読めるかと思います。)

 

まず状況を整理しましょう。

  • 自分は最高権力者であり、その地位にある限り、その国の出来る限りのことが自分には実現できる。
  • 我が国を滅ぼしたい国が近くにいくつかある。遠くにもあるしそいつは強い。
  • 滅ぼされたら多分自分の命はない。
  • 大筋で味方の国も近くにいくつかある。そいつらも強い。遠くにもある。
  • 南の国は民族が同じでとても発展しているので手に入れるとおいしい。砲兵がたくさんいるので南の国の首都をいつでも焼き払える。
  • 核兵器化学兵器(多分)とそれを運ぶミサイル(スカッドから4000km級弾道弾)を多数用意している。潜水艦でこっそり近づいて撃てるの(SLBM)もあるから4000kmより遠くの国も撃てるかもしれない。
  • 自国軍はほぼ旧式で役立たずだけど数だけはある。

 

生き延びていまの絢爛な生活を外国から守るには、国を軍事的・経済的に強くしなければなりません。このとき、

  • 軍隊を整備しても常勝できるとは限らず、核兵器には抵抗できない。
  • 南を併合すれば経済的に大きな効果が期待できる。
  • 核兵器を持てば南の軍隊と戦わずに勝利できるうえ、大国に屈さなくてよい。

とあれば、韓国を併合でき、大国を退けられる核兵器の保持はまさに一石二鳥なのです。

 

はて、いますでに北朝鮮核兵器を持っているじゃないか?どうして今すぐ併合しないのだ?

という疑問はごもっともです。これにはいくつか反論が考えられます。たとえば

  1. はなから同族に核を向けるつもりはない
  2. 肝心のアメリカに届かない。
  3. ちゃんと使えるか確信がない。
  4. 数があんまりない。

1ですが、北朝鮮が韓国を将来的に自国に組み込むのであれば、それをわざわざ貴重な核で破壊する必要はないでしょう。もとより100万の北朝鮮軍がソウルを人質に取っているのですし、使うなら化学兵器のほうが向いてます。では誰に向かって撃つものなのか・・・?

 

2は大きな問題です。韓国の後ろ盾である米国を核恫喝できないと韓国へ侵攻しても米軍の反撃を受ける可能性が捨て切れません。ただし、核兵器は日本へ向けた武器だとする意見もあります。すでに東京は射程圏内に入りましたから、1000万都民(近隣県も含めればもっとずっと多数)を人質に取ることで実質的に米国の介入を阻止できるかもしれません。

3はミサイルや核弾頭が技術的に安定してるかどうかということですが、正直わかりませんね(適当)。まあでも最近は比較的うまく行ってるように見えます。

4はとくに核弾頭について、生産数は大したことないと予想されています。保有核弾頭数が少なければ無闇矢鱈には使えないのでもうちょっと増えるのを待つってこともあるでしょう。ミサイルはかなり安定した数があるとかないとか。むしろトラックがないらしいです。



いま北の核・ミサイル開発がどこまで進んでいるのかわかりませんが、少なくとも進んでいるのは確実でしょう。


私はいち都民ですが、これから北が日本を核恫喝するとなったらどうすべきなのか、そんな日がこないことを祈るばかりです。

朝鮮半島とミサイル

三寒四温というにはもう遅いのにこの頃の東京は気温が急変しすぎです。なんだか夏バテになりそう。

 

もう虫食いの虫が蔓延る季節ですから、春冬物の始末は丁寧に。

ところで私の部屋にはこの時期ヒメマルカツオブシムシ(虫食いの虫)が毎日0~2匹沸く「カツオブシムシスポーンスポット」があるんですが誰かこの謎解いてくれませんか?


(この記事は1900文字です。8分くらいですかね。)

 

朝鮮は14日朝、新型ICBM(推定)を発射、日本海に落としました。かなり長射程と見られ、弾道から4000km級弾道弾ではとの推測がなされています。

 

(参照)

北朝鮮ミサイル 高度推定2000キロ超で新型か 防衛相 | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170514/k10010980931000.html

 

映像も出てきましたね。この間のパレードで出てきた新型ICBMです。

北朝鮮 ミサイル発射の映像を放送 | NHKニュース   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170515/k10010982161000.html

 

固体燃料方式のコールドローンチICBMと推定され、これは自衛隊も米軍も肝を冷やしたことでしょう。これで実質日本の空はガラ空きです。飛んできたら止めるすべはナシ、です。

 

 

 

日本で北朝鮮をどう思うかと訊けば、おそらく好意的意見はほぼないでしょう。世界とてほぼ同じだろうと思います。

 

ではなぜ北朝鮮はこのように世界の嫌われ者を「意図的に」続けているのか?そこには北朝鮮なりの理由があるはずです。

 

 

 

 

朝鮮半島には現在朝鮮民族と呼ばれる人々が住んでいます。民族としては高麗、李氏朝鮮からの文化的ルーツを持ちます。

他の東アジア諸国と同様、中国中心の冊封体制下に長くあった国で、特筆すべきは儒教がとくに根付いた国だということくらいですかね。もちろん半島とはいえ大陸の一部でしたので、日本と比べて大陸の影響(とくに中国)が強かった国です。


近現代史においてはご存知?のとおり朝鮮(李氏朝鮮大韓帝国)は、大日本帝国により1910年併合され統治下に入ります。その後2次大戦に負けた日本に代わり北から(ロシアに代わって)ソ連軍が進駐し、南からきた米軍と北緯38度線を境に分割占領しました。

 

大戦後のアメリカ合衆国(資本主義)・ソビエト連邦(社会主義)の冷戦が激化するなか、朝鮮の南北はそれぞれ米軍・ソ連軍による軍政のもと資本主義化・社会主義化がなされ、1948年にはそれぞれ別々の独立によって二超大国の対立が小さな2つの国へ生き写しとなり、南北朝鮮は激しい競争を始めました。(※「冷戦」とは、ともに核兵器を持った米ソが、その使用を避けるため直接戦うことなく争ったことを「冷たい戦争」と表現したことからきています。ref.「代理戦争」)


金日成(キム・イルソン)率いる朝鮮人民共和国と、李承晩(イ・スンマン)率いる大韓民国はそれぞれ半島の統一を目指し、1950年に朝鮮戦争が勃発します。

 

同一民族の争いは朝鮮半島全体に及び、北から南まであらゆる土地を焼き払ったうえ決着はつかず、1953年に休戦条約が結ばれてから現在までいまだ講和すらなされていません。実際、休戦からも南北両軍はたびたび戦火を交えており、2010年の延坪島砲撃戦が記憶にある方も多いでしょう。(※延坪島砲戦:北朝鮮軍砲兵により境界線付近にある韓国の島、延坪島[えんぺいとう、ヨンピョンド]が砲撃され、在島韓国軍の自走砲と砲撃戦になった事件。)

 

 

そのような訳で溝の深い両者ですが、やはり気になるのは北朝鮮。なぜミサイルや核で恫喝するようなスタイルなのでしょう?

 


1945年から1989年まで米ソによって東西に分割されたドイツは再統一後の東西格差が激しく、東が西の足をだいぶ引っ張ったようです。東独の車は紙製(FRP)だったりしましたし。
一般に社会主義国家は資本主義国家に比べ経済成長スピードに劣ります。経済力が劣れば、要するにお金がないってことですから、軍隊に割けるお金も少なくなります。

 

現在の北朝鮮軍(朝鮮人民軍)は「動く軍事博物館」と言われるほど装備が旧式とされています。ほとんどが朝鮮戦争中~直後の装備で構成され、耐用年数をとっくにオーバーしたオンボロがいまだに現役多数と推測されています。

 

「ま、お金がないんだし当然でしょ。」

 

というのは確かにそうなんですけど。


実は朝鮮人民軍は端から通常戦をする気などないのです。ですから普通の軍隊はいりません。(※通常戦とは銃撃や砲撃、爆撃など陸海空軍が通常行う戦闘のことです。)

 

 

 

朝鮮人民軍の切り札、というより通常兵器はミサイルなんですね。

もうこんな時間なので今回はここまで。

ユダヤと中東とイスラム

(1750字です。7分くらいで読めるんじゃないですかね。かなりまとめたつもりですが・・・。)


中東の前史ですが近世・近代まではやる気ないので気になる人はwikipediaでも引いてください。10行くらいで簡潔に載ってました(丸投げ)。

中東 - Wikipedia

 

簡単にいうと幾つか安定した時期を経験しながらも支配者・支配民族・支配国は変遷してきました。ヒッタイト・エジプト王国・イスラム帝国・十字軍国家とか・・・。

 


て、19世紀まで中東の支配者はトルコとイランでした。16世紀ごろには猛威をふるい、あちこちを侵略した中東国家でしたが、20世紀初頭には二国とも弱体化し、代わって台頭したヨーロッパ諸国にされるがまま、「死にかけ」呼ばわりされるほどでした。

第一次世界大戦、中東の地で再起を賭したトルコは中央同盟国として協商国(イギリス)と戦い、敗れました。大戦の講和条約により、中東は中東の人間の支配から離れ、フランスとイギリスに分割統治されることになりました。

 

この時の、現地民族の分布を無視した英仏による国境の線引きが今も残り、複数国家にまたがる少数民族を産んでしまいました。ある日、家の大家が代わって

 

「今日から君たち家族は別々の家に住んでもらう。行き来には許可がいる。」

 

と言われたようなもんでしょうか。

 

中東にはクルド民族が複数国家に2500万人以上もまたがって住み、独自国家を持たない世界最大の民族であるそうです。自治権の獲得のためいまも各国政府や他の武力集団と軍事衝突し続けています(パレスチナクルド人自治区が頻繁に政府軍の爆撃を受けてることで有名ですね・・・)。

 

 

 

 

ルサレム(イェルサレム)をご存知ですか。パレスチナにある一都市です。現在はイスラエルにより完全に支配されていますが、イスラエル独立当初はユダヤ側(イスラエル)を西、イスラム側(ヨルダン)を東で分割してありました。この街はユダヤ教キリスト教イスラム教の聖地であり、それぞれの聖跡がエルサレム市東部にあります。

 

 

大戦でトルコと戦っていたイギリスは戦況をより有利にするため、のちに「三枚舌外交」と呼ばれる(ちょっとセコい)協定を結びます。

 

  • 中東でトルコに支配されていたアラブ系住民には「戦後の独立を支持する」
  • 中東エルサレムにある聖地を奪還したいユダヤ人には「聖地奪還を助ける」
  • 仲間の協商国とは「中東の領土を仲間で分割しよう」

 

と約束したわけです。

事実この通り領土の分割を受けた協商国フランスはいいですが、現地のアラブ人とユダヤ人への約束は中途半端にされたり、期待未満であったためそれぞれの反感を買いました。

 

それから20年ののち、ドイツでNSDAP(いわゆるナチス)が台頭するとかねがねヨーロッパでは嫌われ者扱いだったユダヤ人がいよいよ根絶(ホロコースト)されそうになります。

 

結局、ドイツの第二次大戦敗北で絶滅することはなかったのですが、この事件はユダヤ人をおおいにビビらせ、「ユダヤ人はみな聖地(エルサレム)に帰り、そこに住むべきだ」という聖地回帰志向(シオニズム)に拍車をかけました。

 

しかしいまだ約束通り独立させてくれないイギリスにしびれを切らしたユダヤ教徒は武装蜂起し、自分たちの政府をパレスチナに立ち上げます。突如聖地を異教徒の国に奪われ、怒ったイスラム教徒たちは武器を取ります(第一次中東戦争)。

 

イスラエルはこの戦争に圧倒的に不利ながら巧みに勝ち、パレスチナに自分の国を確立するとともにエルサレムの西半分を手に入れました。

 

 

 中東戦争はさらにそのあと3回発生し、すべてに勝利したイスラエルエルサレムを完全に占領、そこを首都としました。

 

 

 

 

東はいまも、聖地をめぐるユダヤイスラムの争い、各地の少数民族・少数宗派の分断と迫害、西欧諸国の介入に対する反発など多くの要因から不安定であり続けています。長らく放置された諸問題はさらに絡み合い、より解決を困難にしています。


ISILは、旧来の国境を取り払い、イスラム法に則ったイスラム国を中東に建設すると公約していますが、これは中東が抱える諸問題を解決する、実はイスラム教徒にとって根幹的な打開策を提示している可能性があるのです。

もちろんその手法は残虐で強引ですが、第一次世界大戦から1世紀を数える今、武力以外がそれを解決するのは無理なのかもしれません。(了)